高齢妊娠|10種類以上のサプリを試した成功体験記

高齢妊活サプリ

未分類

手のひらや足にかゆい水泡が・・・妊娠時の汗疱について

投稿日:

妊娠時に手のひらに水泡が出来ることがあります。かゆみもあるため水虫?などと不安になりますが、汗疱と呼ばれる皮膚病の可能性が高いです。妊娠時に発症しやすい汗疱について、見ていきましょう。

汗疱とは?

汗疱とはどのような症状なのでしょうか。

汗疱は、夏場などによく出来やすい湿疹や水疱になります。手のひらや、手の指に症状が現れることが多く、足の裏などにも出来やすいのが特徴です。

手汗がひどい人はなりやすいですね。

汗疱の大きさはそれほど大きくありません。サイズは一つ一つがとても小さく、大体1~2ミリ程度の大きさの水疱が現れます。

内部は、透明な水疱が多数現れるのが特徴です。つぶすと中から分泌物が出てくることがあり、痛みを伴うこともあります。

初期に潰してしまったときには跡が残ることはありませんが、悪化して汗疱状湿疹になってしまうと、跡が残ってしまうこともあります。

汗疱は、ニキビとは違い、複数の水疱が、一カ所に集中して急に現れることから、水虫と間違われることも多いです。また、指や足に現れるため、虫刺されの症状にも似ています。

特に、手に関しては、手のひらや指の側面などに出来やすく、自覚症状がないので気づきにくいこともあります。

基本的には、小さな水疱が一カ所に集まっているのですが、それが日がたつにつれ、集まり大きくなることもあります。

一般的にかゆみはほとんどありませんが、時に周囲が赤くなり、強いかゆみ、痛みなどが伴うこともあります。

小さな水疱は、放っておくと次第に皮膚に吸収されていきます。

大体2~3週間で、皮膚の表面からはがれ落ちるように角質化し、はがれることで治っていきます。

小さな水疱が現れた場合にも、放っておくことで、自然に治癒しますが、かゆみが強い場合には、ステロイド軟膏などを処方してもらい、塗り薬での治療を行います。

皮膚科では、白癬菌症の可能性がないかどうかをまずは検査することで、水虫と判別します。そして、この汗疱かどうかの診断を行います。

場合によっては、食べ物アレルギーや、歯科金属アレルギーなどが関与している可能性もありますので、この場合はアレルギーかどうか判断をするために、バッチテストを行います。いずれにしても、皮膚科での診察が必要になるといえるでしょう。

汗疱の原因として、手の指や足の裏の汗が上手く出し切れずに溜まってしまい、それが原因で、水ぶくれとして水疱になり、汗疱になってしまうようですが、はっきりとした原因は分かっていません。

汗疱の水疱の水ぶくれが破れてしまうと、汗疱状湿疹になってしまいます。

水ぶくれの皮膚がめくれ、湿疹となった症状が汗疱状湿疹です。

汗疱は放っておくと次第に治癒しますが、このように悪化し、時には、汗疱状湿疹化してしまうことがあります。この原因も詳しくは分かっていません。しかし、おそらく溜まっていた汗や菌が原因となり、アレルギー反応が生じてしまうのでないかと考えられています。

汗疱は自覚症状がほとんどありませんが、汗疱状湿疹は痛みやかゆみを伴う場合もあります。

汗疱が出来てしまったら、広がってしまわないように、早めに治療をすることが必要です。汗疱を予防するため、手洗いを小まめに行い、汗を拭き取るなどをして清潔に保つことが必要です。

また、汗疱と水虫の違いですが、水虫はカビの一種の白癬菌に感染することで、皮膚に生じてしまう病気です。水虫は、多くの場合には、足の裏やかかとに発生することが多いのですが、手や爪にも生じることもあります。汗疱はどちらかというと、手の指の側面が多いので、発症部位が少し異なります。

汗疱の発生原因ははっきりとしたことは分かっていませんが、水虫の場合には、白癬菌が皮膚に付着していることで、菌が原因であることが分かっています。

皮膚科では見分ける方法として、白癬菌の有無を調べます。

汗疱は自分の体から出る汗が原因なので、水虫とは違い、人から人へと感染することはありません。見た目が似ているけれど、全く異なる物なので、知っておくことが必要です。

足にも汗疱ってできるの?

汗疱の発症部位として、指の側面や手のひら、足の裏や足の指などに好発しやすいです。

多いのは、主に汗をかきやすい場所で、汗が溜まりやすい場所に出来やすいのが特徴です。

どちらかというと、発症部位には指の側面が多いですが、夏場には、足の裏や足にも出来やすいので、予防が大切であるといえるでしょう。

妊娠時になんで汗疱になりやすいの?

妊娠時に汗疱になりやすい原因として、妊娠中はホルモンの影響で、汗をかきやすくなっているからであると考えられています。
汗疱の原因ははっきりとしたことは分かっていませんが、汗が皮膚の内部に溜まってしまい、それが発散されずに水疱になってしまうということが考えられます。

妊娠中はホルモンバランスが乱れがちで、さらに代謝が活発になりやすくなってします。汗や皮脂の量が増え、普段湿疹が出来ない人でも、さまざまな湿疹ができやすくなります。

また、妊娠中は刺激にも弱くなるため、外部からの刺激で、さまざまな湿疹が生じやすくなります。

普段なら問題なく使っていたクリームなどが原因でかぶれてしまったり、刺激で湿疹が出来てしまうこともあります。

妊娠中は、普段と体質が変わってしまうこともありますので、汗疱ができやすくなってしまいます。

また、汗疱は再発性があり、一度なると、また繰り返してなってしまうことも多いです。指の側面に出来てしまった汗疱が今度は足の裏に出来てしまったり、治ったと思ったら別の部位に発症してしまう…ということも珍しくありません。

妊娠のどのステージで汗疱は出来やすい?

妊娠をすると、体内の血流の流れが格段に増えるため、胸やお腹に汗が溜まりやすくなっています。

妊娠中はどの妊婦さんも湿疹が出来やすく、特に汗疱は妊娠中の全ての時期に出来やすくなっています。

しかし、妊娠初期よりも、妊娠後期の方がお腹が大きくなり、それだけ血流量が増え、汗をかく量も増えていき、皮脂の量も増えます。このため、妊娠後期が特に汗疱には要注意であるといえるでしょう。

妊娠6ヶ月を過ぎてから、繰り返し汗疱が出来てしまうということで悩んでいる方も多いです。

しかし、汗疱はステロイド軟膏で治療をすることが出来るため、妊娠中も塗り薬を使用して、治療をすることは可能です。

また、出産後には、汗疱が出来なくなったという方もいますし、妊娠中に汗疱が出来ていたからといって、出産後も出来やすくなってしまうというわけではありません。

汗疱の対策は?

汗疱の対策は、さまざまあるので順に見ていきましょう。

ステロイド

汗疱の対策として、ステロイド軟膏などのステロイド剤が、治療法として挙げられます。しかし、ステロイド剤での治療は、汗疱の決定的な解決策にはなりません。ステロイドで治療をすることが出来たとしても、その効果は一時的なものです。

またしばらくすると、別の部位に汗疱が出来てしまったりと、いつまでもステロイドを使い続けないといけなくなってしまう場合もあります。

また、ステロイドで治療をして、一時的に良くなったとしても、再発したときに、その範囲が広がってしまうということもあります。

汗疱を治療するためには、あらかじめその対策をする必要があり、予防に備える必要があるといえるでしょう。

汗疱の原因をたたなければ、根本的に治すことが出来ないのです。

手汗対策クリーム

汗疱は、汗を良く人がなりやすいという特徴があり、多汗症の人や夏場などになりやすいです。

手汗が汗腺に詰まることで汗疱が発症すると見られています。

もし手汗がかなりひどい人は、手汗対策クリームを使うことも良いでしょう。

アレルギー対策

汗疱の原因として考えられる原因にアレルギーがあります。歯科金属、食べ物などのアレルギー反応によって、汗疱が発生するとされています。

現在で分かっているのが生卵やカレーライス、豚肉などが汗疱を悪化させる原因の食べ物です。

豚肉は、炎症亢進が関与しており、カレーライスは、油脂などの成分が多いことから、原因であると考えられています。

添加物の多い食品や加工食品は、極力減らすように心がけましょう。皮膚や体の元になるのは、食べ物なので、注意をすることで、汗疱が出来てしまうことを防ぐことが出来ます。

殺菌は意味がない

汗疱は水虫とは違い、原因となる菌は存在しません。根本的な治療となると、生活面をまずは改善することが必要であるといえるでしょう。

オーガニック石鹸や洗剤を利用

また、汗疱の対策として、石けんや洗剤にも気を配る必要があります。合成界面活性剤などの物質が含まれている洗剤・石けんを使用すると、湿疹が出来やすくなり、かぶれやすくなります。汗疱の原因となってしまうことも多いため、気をつけるようにしましょう。

妊娠中は特に、オーガニック成分の石けんや洗剤を使用すると良いでしょう。

世の中には、色々な製品が存在していて、全てが有害であるというわけではありません。

しかし、少しでも汗疱の対策をするためには、洗剤や石けんなどにも気を配ることが必要です。汗疱などの湿疹は、体に毒素が溜まることで、さらにかゆみが酷くなることがあります。体に取り入れるものに気を配ることで汗疱が悪化してしまうことを防ぐことが出来ます。

歯科金属をセラミックに変える

汗疱の原因として考えられるものとして、歯科金属が原因とも考えられています。

保険治療で詰め物として使用される「アマルガム」などは、歯科金属アレルギーを引き起こしやすく、皮膚の湿疹やアレルギー反応を引き起こすことがあります。

歯科金属が唾液と反応し、この毒素が少しずつ蓄積されていきます。それが湿疹の原因になることに繋がります。

妊娠中は刺激に弱くなっているため、これらの刺激で湿疹が引き起こされ、その後汗疱になることがあります。

もしも、歯科金属アレルギーが考えられるのであれば、詰め物を除去することで、湿疹が改善することがあります。

保険が効かないので高いですが、詰め物をセラミックにすれば金属アレルギーの影響は受けなくなります。

ストレス対策

また、汗疱対策として、ストレス対策があります。

お肌は、ストレスの影響を大変受けやすくなっています。特にストレスを感じやすい妊娠中には、汗疱が悪化してしまったり、繰り返し汗疱が出来てしまったりします。

人はストレスを感じると、脳内で、アドレナリンが分泌され、ストレスが溜まってしまいます。これは、ストレスホルモンとも呼ばれていて、動悸や発汗の原因になりますし、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

ストレスホルモンが分泌されることで、体の免疫機能などが崩れてしまい、ヒスタミンが多くなります。血中ヒスタミンは、かゆみの原因となり、汗疱が悪化してしまう原因になります。

妊娠中は体が不調になり、ストレスをため込みがちです。ストレスを上手く解消することが汗疱対策になるといえるでしょう。
また、汗疱には、「薬疹型」というものもあります。

これは、風邪または出産の場合に処方された薬剤が原因となり、湿疹が起きてしまうことです。

処方された薬が体に合っていない場合には、湿疹が出来てしまい、汗疱なども出来てしまうことがあります。中毒症状として薬疹が出来る可能性もありますので、もしも薬を飲んでいて汗疱が出来てしまった場合は、医師と相談をすることが必要です。

汗疱にはこれだけの原因と対策があります。

しかし、妊娠中の多くの汗疱の原因が汗によるものであると考えられます。汗疱を繰り返してしまうという場合には、汗の量を調整することが必要です。部屋の温度を適切な温度にするなど、工夫をすることが必要です。

また、汗が出ればすぐに拭き取り、清潔にしておくことも大切です。

汗の量が多く、不潔にしていると汗疱になってしまうことは多いです。

清潔に保ち、汗を小まめに拭きとることで、汗疱対策をすることが出来るといえるでしょう。

妊活おすすめアイテム

愛され葉酸

「ポリグルタミン酸」葉酸では、吸収率が低く50%程度しか体には吸収されません。 

吸収率の高いモノグルタミン酸葉酸を使っており、体に90%以上吸収されます。

配合されているカルシウムも吸収しやすい低分子カルシウムになっていて、妊活・妊娠中に最適です。

マカ&クラチャイダム12000

マカ&クラチャイダム12000

マカは男性向け妊活サプリとしては必須品。

この「マカ&クラチャイダム12000」は定番のマカに、マカ以上のアルギニン含有量が高いクチャイダムを配合した優れものです。

しかも、料金が3600円と他のサプリの半額程度で、一日当たりの費用は90円と格安です。

初めてマカやクラチャイダムをお試しいただきたい方には、絶対におすすめです。

ザクロドリンクの定番【若榴da檸檬】

若榴da檸檬

-未分類

Copyright© 高齢妊活サプリ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.