葉酸サプリで高齢妊活からの妊娠糖尿病体験記

高齢妊活サプリ

妊娠糖尿病

【グラシトールの評判】ピニトールが手軽に摂れる血糖値が気になる人向けのサプリ

投稿日:2017年5月30日 更新日:

妊活中・妊娠中におすすめの成分はいくつもありますが、その中でも「ピニトール」に注目してみましょう。近年メディアで「血糖値が気になる人に効果的」として紹介され、注目が集まっています。この記事ではピニトールの効果と、手軽に摂るためのサプリ「グラシトール」をご紹介します。

糖尿病や妊娠糖尿病には血糖値コントロールが重要

糖尿病は、慢性の高血糖状態が続く代謝疾患です。食事をすれば血糖値は上がりますが、運動などでエネルギーを使うと下がります。

普通、血糖値は変動しながらも一定の範囲内で上下するように「インスリン」と呼ばれるホルモンによりコントロールされています。何らかの理由でこのホルモンの作用が不十分で血糖値が下がらないと糖尿病の症状が現れます。

初期の頃は中々自覚症状として認識しにくいようですが、代表的なものとしては尿の量が増える、喉が渇きやすくなる、体重が減る、疲れやすくなる、などの症状があります。進行すると重症化して、腎障害、網膜症、神経障害、昏睡など深刻な症状を伴う可能性もあります。

妊娠糖尿病の場合は、妊娠の影響でインスリンが作用しにくくなっているため糖尿病の様な代謝異常が起こります。しかし、産後に糖尿病を発症するリスクは約7倍になることがわかっていますし、お腹の赤ちゃんにも黄疸、巨大児、心肥大、流産、形態異常といった影響が出る可能性もあります。これらを防ぐためにも、血糖コントロールは非常に重要なのです。

アイスプラントに含まれるピニトールが血糖バランスを応援

血糖値が気になり始めたら、血糖コントロールに有効な食材や成分は積極的に摂り入れたいものですね。「ピニトール」という成分をご存知でしょうか。最近日本でも注目され始めた成分です。そんなピニトールの作用をご紹介します。

ピニトールの働きとは

ピニトールは水溶性ビタミン・イノシトールの一種です。主に「植物性インスリン様物質」として血糖値を下げる作用があります。

血液中のブドウ糖をエネルギーへと変換するグルコーストランスポーターと呼ばれる物質の働きの促進作用があることがわかり、アメリカなど海外でも注目を集めています。

効率的に血液中の糖を使うことが出来るようになるので、ダイエットにもなるし、血糖値も下がりやすくなるってことですね。

ピニトールが大量に含まれているアイスプラントとは

ピニトールは大豆製品やルイボスティーにも含まれていますが、一番多く含んでいるのは「アイスプラント」というハマミズナ科の植物です。サラダなどで生のまま食べられる葉野菜で、海外ではよく食べられるようですが日本ではあまり流通していません。買いに行っても中々見つからない可能性が高く、売られていても値段が高いことが多いでしょう。

ピニトールはアメリカ国食品医療局(FDA)もダイエタリーサプリと認定

FDAとは(Food and Drug Administration of the United States Department of Health and Human Service)の略称で、米国食品医薬品局のことです。日本の厚生労働省にあたる政府の機関で、アメリカの食品・薬品・化粧品に関する法律の施行に関わっています。ピニトールは1997年12月に安全な食品原料としてFDAの認定を受けています。FDAはビタミン、ミネラル、アミノ酸、ハーブ等の成分を1種類以上含む食事の補助物質をダイエタリーサプリとしていますが、ピニシトールはダイエタリーサプリであるとの認定されているのです。

ピニトールに副作用はある?

そんなピニトールですが、副作用はあるのでしょうか。天然成分であるため基本的に副作用の心配はありません。ビタミンB群の一種であり、水溶性成分なので仮に過剰摂取した場合も尿中に排泄されるからです。ピニトールによる副作用は今のところ報告されていないようです。1日の摂取量は厚生労働省が正式に発表しているわけではありませんが、臨床研究などから1日600mg程度が目安と考えるといいようです。

妊活には有効?

ピニトールには前述の通りインスリン抵抗性の改善作用があります。そのため、妊娠糖尿病だけでなく発症に密接に関係があるとされるPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の改善効果が期待できるのです。PCOSによって卵子の成長が遅くなり、排卵が遅れることで妊娠のチャンスが減ってしまいます。生殖年齢の女性のうち6~8%程度はPCOSだと言われており、不妊の大きな要因の1つであると考えられていますので、ピニトールは妊活にも非常に有効なのです。
また、ピニトールは男性の勃起不全障害(ED)にも効果があることが分かっており、お悩みの方におすすめです。男性の場合は女性よりも生活習慣が乱れがちな方が多い傾向にあり、糖尿病の予防としてもピニトールの摂取は効果的です。

このように、ピニトールは夫婦で摂取することで妊活に役立つ成分です。

サプリとして気軽にピニトールを摂るには、グラシトールがおすすめ

是非積極的に摂りたいピニトールですが、成分として多く含んでいるアイスプラントは日本ではあまり馴染みがないため、手に入りにくいのが現状です。ピニトールを手軽かつ確実に摂るには、サプリを飲むのがおススメです。「グラシトール」はピニトールのおすすめサプリです。その特長をご紹介します。

配合成分は?

グラシトールの配合成分は以下の通りです。

ピニトール、水溶性食物繊維、アイスプラント末、食用酵母(亜鉛・マンガン)、結晶セルロース、ビタミンC、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素、葉酸、ビタミンB12、ビオチン

1日分に300mgのピニトールが配合されているほか、普段の食生活で不足しやすいビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCや亜鉛、ポリフェノールなども配合されています。

モンドセレクション受賞

食品、飲料、化粧品、ダイエット、健康を中心とした製品の技術的水準を審査する民間団体が食品の品質を評価する国際的なコンテスト、モンドセレクション。グラシトールは5年連続金賞を受賞しており、高品質であることが証明されていると言えますね。

自社の野菜工場で無農薬栽培しているので安心

アイスプラントは南アフリカが原産地です。グラシトールの原料として使用されているアイスプラントは全て自社の野菜工場で無農薬栽培されています。

密閉型の室内で、温度や湿度など50項目にも及ぶ品質チェックが毎日なされており、洗わなくても食べられるほど新鮮・安全です。

報道ステーションでも紹介

グラシトールが血糖コントロールに効果があることは、2010年10月14日放送分のテレビ朝日の番組「報道ステーション」でも紹介されました。それ以来、グラシトールの効果に更に注目が集まって、未だに口コミなどで話題となる人気の血糖対策サプリです。
毎日の「糖」が気になる方に「グラシトール」!

お得に買うにはどうすればいいの?

グラシトールを買う時には定期コースを申し込むのが一番お得です。一袋1か月分180粒入りで通常価格は税抜き4,552円のところ、初回限定で半額の税抜き1,935円になるのです。送料は無料です。2回目以降も15%offの税抜き3,780円と割引が適用されます。もし「効果があるのか不安」という方は、お試し版の10日分60粒が税抜き1,518円+送料200円で購入出来るので安心ですね。

また、定期コースの解約に回数制限がなく、1回から注文することが出来ます。次回到着の10日前までに電話一本で解約・休止が可能です。

まとめ

ピニトールの効果と、効果的に摂取出来るサプリ「グラシトール」をご紹介しました。妊娠糖尿病の予防にはもちろん、PCOSにも効果があるとされるピニトール。

妊娠糖尿病などのリスク低減や妊活のために積極的に摂取して、生活習慣の改善やスムーズな排卵のサポートを目指してみてはいかがでしょうか。

グラシトール

 

単純な葉酸サプリではダメだった人向け、ピニトール配合のベジママ

ベジママ

ベジママの最大の特徴は「ピニトール」が配合されていること。

このピニトールは、血糖値をコントロールしてくれることから妊娠糖尿病対策におすすめです。

 

また、本来の妊活サプリとしてもピニトールは効果的です。

欧米ではピニトールの働きが妊活には重要と考えられているようになってきており、普通の葉酸サプリでは効果が無かった人に特におすすめです。

-妊娠糖尿病

Copyright© 高齢妊活サプリ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.