葉酸サプリで高齢妊活からの妊娠糖尿病体験記

高齢妊活サプリ

葉酸サプリ

葉酸サプリはいつからいつまで飲むべきか。妊活・妊娠ステージ別の摂取量

投稿日:2017年4月24日 更新日:

あなたは妊活や妊娠中に、具体的にいつどれくらいの葉酸をいつまで飲めばいいのか知っていますか?実は、葉酸は時期によって摂取目安量が違うんですよ。今回は、葉酸をとった方がよい時期と時期別の摂取量についてお伝えします。

葉酸はいつからいつまで飲むべきなの?

「葉酸は妊娠にいい」とか、「元気な赤ちゃんを産むには葉酸を飲んだほうがいい」とよく耳にしますよね。

実際に、妊活のためや妊娠中に葉酸の摂取を検討している方も多いと思います。

しかし、ここで出てくるのが、「じゃあ、葉酸っていつからいつまで飲むべきなの?」という疑問です。

葉酸を飲むべき時期を知らなかったせいで、「飲み遅れた!」なんてことは避けたいですよね。

実は、葉酸は私たちが想像している以上に、幅広い期間飲んだ方がいいんですよ。

葉酸が最も必要なのは「妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月まで」

「葉酸は妊娠が分かってから飲めばいい」と考えていませんか?

それは、大きな間違いです。

葉酸は、妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までが、最も必要な時期なんですよ。

厚生労働省では平成12年に「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」という文章を出しています。

こちらの文章では、

『先天異常の多くは妊娠直後から妊娠10週以前に発生しており、特に中枢神経系は妊娠7週未満に発生することが知られている。このため、多くの妊婦が妊娠して又は妊娠の疑いを持って産婦人科の外来に訪れてからの対応では遅いと考えられることから、多くの研究報告と諸外国の対応では、葉酸の摂取時期を、少なくとも妊娠1か月以上前から妊娠3か月までとしている。』(引用:「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」厚生労働省 平成12年)

と報告されています。

つまり、簡単に要約すると、次のような意味になります。

  • 赤ちゃんの神経の先天性障害を防ぐためには、妊娠7週目未満で葉酸を飲まないといけない
  • 妊娠が分かってからでは、遅すぎる
  • しっかり、赤ちゃんの障害を予防するには、妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までは葉酸をとっておくべき

厚生労働省からも、妊娠前から葉酸は飲んでおくべきだと言っているんですよ

葉酸サプリは妊活を始めたら、すぐ飲むべき

葉酸サプリメントは、妊活を始めたら、できるだけ早く飲み始めることをおすすめします。

赤ちゃんを障害から守るためには、妊娠初期の時点で血液中の葉酸の濃度をしっかりと高めておくことが大切です。

実は、血液中の葉酸濃度を赤ちゃんの神経管閉塞障害を予防できるまでに高めるためには、数ヶ月必要であると報告している研究もあります。

妊活を始めると、いつ妊娠するか分かりませんよね。

 

だからこそ、事前にしっかりと葉酸を摂っておくことが大切なのです。

さらに生理不順などの対策にも葉酸が使えるので、妊活を始めたらすぐに飲むべきですね。

厚生労働省も妊活中の葉酸の摂取をすすめている

厚生労働省でも、妊活中の葉酸の摂取は推奨されています。

厚生労働省が出した「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、

『妊娠を計画している女性、または、妊娠の可能性がある女性は、神経管閉塞障害のリスクの低減のために、付加的に400μg/日のプテロイルモノグルタミン酸の摂取が望まれる。』(引用:「日本人の食事摂取基準(2015年版)」厚生労働省)

厚生労働省「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」
http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1212/h1228-1_18.html

と書かれています。

 

プテロイルモノグルタミン酸とは、サプリメントに含まれている葉酸です。

つまり、妊娠を考えて妊活を始めた時点で、食事にプラスしてサプリメントから毎日400μgの葉酸を摂るべきだとすすめられているんですよ。

出産後も必要なの?葉酸サプリはいつまで飲むべきか?

葉酸が妊活時から必要なのは分かりましたが、では、葉酸は一体いつまで飲むべきなのでしょうか?
答えは、授乳期までです。

授乳期はたくさんの母乳が女性の体の中で作られています。
母乳は、血液から作られているため、授乳期は大量の血液を必要とし、かつ血液が不足しやすい時期でもあります。

葉酸は血を造る働きがあるため、授乳期に葉酸を飲むことで、母乳の出をよくしたり、貧血を防ぐことができます。

また、厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、妊婦は通常より240μg多く、授乳期は通常より100μg多く葉酸を摂ることを推奨しています。

一方で、2000年に女子大学生を対象にして行われた調査では、葉酸の摂取量が通常推奨量にも満たないことが報告されています。

つまり、通常よりも多くの葉酸が必要な妊娠時期や授乳期では、妊娠前~妊娠3ヶ月と同様に葉酸サプリメントを利用したほうがいいんですよ。

葉酸は、妊活中から、子供が生まれて授乳が終わるまで、飲み続けた方が良いってことですね。

ステージ別!妊活・妊娠中の必要な葉酸の量

妊活から授乳期にかけて葉酸が必要なのは分かりましたが、それでは、全ての時期で同じ量の葉酸が必要なのでしょうか?

答えはノーです。

厚生労働省ですすめられている葉酸の摂取量は、

・妊活開始~妊娠3ヶ月まで
・妊娠中期~後期(妊娠4ヶ月以降から出産まで)
・授乳期

の妊娠の前後3段階で変わります。

妊娠を予定しない通常時での葉酸の必要量は?

葉酸は妊娠だけではなく、健康を保つためにも必要な栄養素です。

そのため、1歳以上の男女で年代別に摂取の推奨量が設定されています。

「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、18歳以上の女性では毎日240μgの葉酸の摂取がすすめられています。

しかし、この葉酸の量は、妊娠前後の時期とは違い、食事から摂ることがすすめられています。

妊娠を予定していない女性では、特に葉酸サプリメントを利用する必要はなく、食事から240μg葉酸を摂るようにすればいいんですよ。

妊活開始から授乳期までの葉酸の必要量は?

しかし、妊活を開始したら、240μgよりも多い量の葉酸が必要になります。

葉酸の必要量は、「日本人の食事摂取基準(2015年版)」に示されています。

通常の食事にプラスして必要となる量は、以下の通りです。

  • 妊活開始~妊娠3ヶ月まで:400μg
  • 妊娠中期~後期(妊娠4ヶ月以降から出産まで):240μg
  • 授乳期:100μg

これらの量に、18歳以上の女性が健康を保つ上で必要になる葉酸240μgを足した量が、妊活から授乳期までに必要な量になります。

つまり、妊娠の前後で必要になる葉酸の総量は、次の通りになります。

  • 妊活開始~妊娠3ヶ月まで:640μg
  • 妊娠中期~後期(妊娠4ヶ月以降から出産まで):480μg
  • 授乳期:340μg

妊活開始から妊娠3ヶ月まではサプリメントで400μgの摂取が必要

ここで注目したほしいのが、厚生労働省は妊娠を計画している時期から妊娠3ヶ月までは通常の食事とは別にサプリメントから400μgの葉酸を摂ることをすすめているということです。

つまり、妊活中~妊娠3ヶ月までの女性は、厳密に言うと、食事から240μg葉酸を摂り、サプリメントから400μg葉酸を摂るように心掛けることが大切です。

サプリメントから摂っているからといって、食事を疎かにしないように気をつけてくださいね。

妊娠4ヶ月目以降は必ずしも葉酸サプリメントは必要ない

妊娠4ヶ月目以降から授乳期に関しては、サプリメントから葉酸を摂取すべきとは言われていません。

つまり、葉酸全体として必要量を満たせばいいのです。

食事から妊娠4ヶ月以降の妊婦であれば480μg、授乳期の女性であれば340μg摂れる自信があれば、サプリメントは必要ありません。

ちなみに食事から葉酸400μg摂るには、バランスのとれた食事で野菜をだいたい350g食べる必要があります。

野菜350gは、生野菜であれば両手に5杯程度の量になります。

この量の野菜を妊娠期間中毎日食べ続けることは、かなり大変ですよね。

調理の仕方によっては、葉酸が流れ出てしまって、目標の量を摂れない可能性だってあります。

そのため、私は妊娠4ヶ月以降から授乳期にかけても、サプリメントを適度に利用することをおすすめします。

葉酸は1000μg以上摂らないように注意しよう!

葉酸の量でもう一つ重要な数字が「1000μg」です。

葉酸は摂りすぎると、健康や妊娠に悪い影響が出てしまいます。

厚生労働省も

『葉酸摂取量は1日当たり1mgを越えるべきではないことを必ずあわせて情報提供する』(引用:「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための妊娠可能な年齢の女性等に対する葉酸の摂取に係る適切な情報提供の推進について」厚生労働省 平成12年)

と注意喚起しています。

特にサプリメントは葉酸を摂りやすいため、過剰摂取にならないように注意してくださいね。

時期別の必要な葉酸についてのまとめ

葉酸で赤ちゃんを守るためには、妊活を開始したときからサプリメントを利用することが大切です。

私は妊娠初期で流産をしたとき、もっと早くから葉酸を飲んでたら良かったと後悔しました。
結果は変わらなかったかもしれませんが、できる限りの努力をしていないと自分を責めることにもなります。

葉酸は、妊娠前後の時期によって必要な量が変わります。
今回の記事を参考にして、後悔しない妊活・妊娠ライフを送ってくださいね。

 

ベルタ葉酸

妊活中・妊娠中ならベルタ葉酸サプリ

ベルタ葉酸は、27種類のビタミン・ミネラルに加えて、鉄分、カルシウム、18種類の野菜まで加えた、代表的な高品質系葉酸サプリです。

競合の葉酸サプリより、少し高めの価格帯なのですが、その分、美容効果まで配慮した品質の高さに期待できます。

多少高くても、良いものが使いたいって人には特におすすめです。

単純な葉酸サプリではダメだった人向け、ピニトール配合のベジママ

ベジママ

ベジママの最大の特徴は「ピニトール」が配合されていること。

このピニトールは、血糖値をコントロールしてくれることから妊娠糖尿病対策におすすめです。

 

また、本来の妊活サプリとしてもピニトールは効果的です。

欧米ではピニトールの働きが妊活には重要と考えられているようになってきており、普通の葉酸サプリでは効果が無かった人に特におすすめです。

安さと品質のバランスが良い【AFC葉酸サプリ】

葉酸サプリ

AFC葉酸サプリは市販の葉酸サプリに比べて圧倒的に高品質なのに、価格は安めに抑えられています。

そのため、「ベルタ葉酸は高いな~、でも質の良い葉酸サプリが欲しい」って人におすすめです。

1日92円と安いのに高品質葉酸サプリ【ララ・リパブリック】

Lara Republi (ララリパブリック)

ララ・リパブリックは1日92円とかなり安い値段で使える葉酸サプリです。

さらに、国産野菜配合で品質も高額葉酸サプリに負けていません。

植物の繊維を原料とするコーティング剤で葉酸を包んでいるので、葉酸サプリのにおいが気になって飲めないって人にもおすすめです。

 

-葉酸サプリ

Copyright© 高齢妊活サプリ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.