葉酸サプリで高齢妊活からの妊娠糖尿病体験記

高齢妊活サプリ

未分類

妊娠中に便秘になった場合の注意点

投稿日:

妊娠中に便秘になってしまうという方は多いようです。
便秘になってしまうとお腹の中の赤ちゃんや、お産に影響しないか心配になってしまう方も多いのではないでしょうか。
そこで、妊娠中に便秘になってしまった場合の注意点について詳しく見ていきましょう。

なぜ妊娠中は便秘になってしまうのか?

便秘は元々女性に多い症状ですが、妊娠中に便秘になってしまう女性はとても多いです。

わたしも便秘には悩まされました。

そこで、便秘になってしまう原因にどのようなことが考えられるのでしょうか。

子宮が腸を圧迫

まず、一つ目の原因として、妊娠をすることで、子宮が大きくなり、腸を圧迫してしまうということが一つの原因です。

妊娠中期から後期にかけては、子宮全体が大きくなり、腸を圧迫してしまいます。腸が圧迫されることによって血流が悪くなり、動きが抑制されてしまいます。

この影響で便秘になってしまいます。腸ももちろん、肛門も圧迫されてしまうことになるので、便秘や痔になってしまう方もいます。

ホルモンの影響

二つ目にホルモンの影響があります。妊娠中には「黄体ホルモン」と呼ばれるホルモンが分泌されます。

このホルモンの働きにより、普段活動している腸の運動が抑制されてしまい、蠕動運動が幻想してしまいます。

また、食物を送り出すための、筋肉の収縮も弱まり、食物を押し出す力が弱まってしまいます。

黄体ホルモンは、水分を蓄えるように働きかけるという特徴があり、便の水分量が減ってしまいます。このため、便秘に繋がってしまうのです。

自律神経のバランス崩壊

三つ目に、自律神経のバランスが崩れてしまうことが原因であることが多いです。

妊娠中は、普段と違い、精神的にナーバスになってしまいやすく、自律神経が乱れがちです。ストレスが溜まっていると、それだけで腸の動きが悪くなってしまい、便秘がちになってしまいます。

妊娠中の便秘の危険性

ガスがたまる

妊娠中にガスが溜まってしまうと、ガスが原因で腹痛の原因になってしまうことがあります。妊娠中の女性がお腹の痛みを感じたため、病院に行ってみたところ、腸にガスが溜まっていたのが原因であった…ということは少なくありません。

ガスが溜まると腹痛や、臭いの原因にもなりますので、解消する必要があります。ガスが溜まることで、お腹がパンパンになってしまい、夜寝れない原因になってしまうなど、悪循環が起こってしまいます。

また、ガスがお腹に溜まることで、膀胱が圧迫され、尿漏れを引き起こしてしまうことにも繋がります。

破水

妊娠中に便秘になってしまい、便が高くなってしまうと、それだけ強く腹圧を書けていきむことになります。すると。その勢いで破水をしてしまったり、流産の原因になってしまうことがあります。前期破水となると、羊水が流れ出てしまうことになります。

尿漏れと思い気づかないケースもありますので、注意が必要であるといえるでしょう。

また、妊娠後期の出産が近づいているときに、子宮口が開いている状態でいきんでしまうと、さらに危険性があります。その勢いで破水をしてしまったり、切迫早産になってしまう危険性があります。

赤ちゃんへの影響(早産、切迫早産、流産)

先ほども述べましたように、便秘からいきんでしまうと、強い腹圧がお腹にかかってしまいます。

その影響で破水してしまうことがあります。妊娠後期の出産が近づいている時期に破水をしてしまうと、陣痛が引き起こされてしまい、切迫早産や早産の危険性が高まってしまいます。

妊娠初期から中期の場合にも破水をしてしまえば、流産の危険性があります。

たかが便秘だと思わないで、解消をしなければなりません。

脱肛

脱肛とは、いぼ痔などの症状が進行し、腸の一部が肛門の外に出てしまい、元に戻らなくなってしまった状態をいいます。

便秘になると、肛門に負担がかかるため、脱肛が起きやすくなります。

そのほかにも、肛門付近の筋肉が弱まって、圧力で押し出されてしまうことなどもあります。

下着が汚れてしまったり、違和感があるなどで気がつくことが多いです。

脱肛は、薬などを処方してもらうことで、治療をすることになります。しかし、酷い場合には、外科的な措置が必要になるケースもあります。

妊娠中に便秘になってしまうと、痔になりやすくなってしまいます。

妊娠中に痔になってしまう女性は、なんと半数近くにも上るといわれています。痔の原因として、子宮が大きくなることで、直腸付近が圧迫されることが原因となります。

また、便秘が原因で、便を出す際に肛門が傷ついてしまい、切れ痔になってしまうケースも多いです。

痔にならないようにするためには、まずは便秘にならないように予防する必要があるのです。

腸閉そく

妊娠中の便秘は、腸閉塞を引き起こしてしまうこともあります。

腸閉塞は、腸の動きが滞ってしまい、ガスや食物などが詰まってしまう状態です。症状として、左脇腹が痛い、吐き気や腹痛が起こりますので、つわりと思い込んでしまう妊婦さんも多いです。

しかし、症状が悪化すると、発熱や、血圧低下などのショック状態になってしまうこともありますので、早めの処置が必要となります。
また、妊娠中に腸閉塞が悪化すると、腸が壊死してしまい、腹膜炎から流産を引き起こしてしまうこともあります。

じんましん

妊娠中に便秘になってしまうと、腸内環境が悪化し、じんましんがでてしまうこともあります。

腸内にはさまざまな腸内細菌が存在していて、これらの腸内細菌には、ヒスタミンを合成する細菌もいます。

これらのヒスタミンは、じんましん特有のかゆみや、湿疹を引き起こしてしまうのです。

また、体が腸内に溜まった毒素を異物と判断することで、ブツブツが引き起こされてしまうことになります。

じんましんは、放っておくと勝手に引くことが多いですが、場合によっては慢性化し、繰り返してしまうことになります。

何よりも、じんましんが出てしまうとかゆくて不快なので、便秘の解消が必要であるといえるでしょう。

腰痛

妊娠中の便秘は、腰痛の原因になってしまうことがあります。

妊娠中に便秘になってしまうことで、腸だけではなく、骨盤や背骨、腰骨を圧迫することになります。そのため、腰痛になってしまうことになります。

便秘であると、お腹がパンパンになるため、自然に姿勢が悪くなってしまいます。このため、腰痛になってしまうことがあります。

妊活中に便秘になるとニキビになりやすい?

妊娠中に便秘になるとニキビになってしまうことが多いです。

便秘で正常に便が出ないということは、それだけ体内に毒素が溜まっているということになります。溜まった毒素が蓄積され、お肌に表れることになります。これがニキビです。

妊娠中に便秘になると、ホルモンバランスの変化も相まって、ニキビが酷くなってしまうことも多いです。

そもそも便秘の原因は?

妊娠中に便秘になってしまう原因には、さまざまな原因があるといえるでしょう。

妊娠中は、子宮が大きくなるので、腸が圧迫されることになります。腸の血流が悪くなり、動きが抑制されてしまうことで、便が出にくくなってしまいます。

また、妊娠中は、ストレスが溜まってしまうことが多いです。マタニティーブルーという言葉があるように、妊娠中に鬱になってしまったり、ストレスをため込みがちになってしまいます。

これらのストレスは、ダイレクトにお肌に表れてしまうことが多いです。
さらに、妊娠中は、不規則な生活を送ってしまったりすることも多いです。子宮やお腹が大きくなることで、しっかりと睡眠を取ることが出来ない女性も多いでしょう。

睡眠不足になってしまうと、余計な皮脂が分泌されてしまい、ニキビの原因に繋がります。

妊娠中の便秘を解消するにはどうすれば良いの?

妊娠中に便秘になってしまう女性は多いですが、悪化してしまうとお腹の赤ちゃんにも影響してしまうこともあります。

そこで、妊娠中の便秘を解消するためには、いったいどうすればいいのでしょうか。その方法として、運動があります。

手軽な運動を取り入れることで、便秘の解消効果があります。またストレスの発散効果もありますので、ストレスをため込みがちの方は、これらのストレスを上手く解消すること出来ます。

運動をすることで、睡眠不足の解消を出来たりといったメリットもあります。

しかし、妊娠中の運動は、負担をかけないように無理なく行う必要があるといえるでしょう。

ジャンプしたり、転倒の危険性があるスポーツや運動は避けておいた方が良いといえます。

また、腰をひねる運動や、無酸素運動などの運動はあまりよくありません。

くれぐれも妊娠中の運動は、負担のない運動を適度に行う必要があるといえるでしょう。

ウォーキング

妊娠中の便秘解消にはウォーキングがおすすめです。

ウォーキングは、有酸素運動で、体内の血の流れを良くしてくれるため、便秘解消効果があります。

腰痛を和らげる効果もありますし、景色を見ながらのウォーキングはリフレッシュ効果も期待できるといえるでしょう。

妊娠中期以降のウォーキングは、体重増加を防ぐことも出来ます。

腹筋

妊娠中に腹筋をすることで、有酸素運動をすることが出来ます。ウォーキングと同じように、体内の血流が良くなり、腸の動きも活発化します。

便秘の解消効果も期待できるほか、腰痛を和らげる効果もあります。

腹筋は、自宅でも空き時間に手軽に出来ることから、妊婦の方には特におすすめです。

しかし、妊娠初期には、お腹に負担がかかってしまうこともありますので、避けておいた方が良いでしょう。また、強い腹圧がかからないように、妊婦さんが正しい方法で行うことが必要です。

運動は、便秘解消効果もありますが、何よりもお腹の赤ちゃんに影響しないように正しく行うことも大切です。まずは、無理のない範囲でゆっくり行うことがおすすめです。

温罨法は妊娠中は禁止!

温罨法は蒸した暖かいタオルを体の患部に当たることで、血流を良くしたり、体を温めるという方法になります。

看護の現場でもよく行われる方法になります。

この方法は、腸の蠕動運動を促してくれるということで効果が期待できますが、妊娠中の女性は止めておくべきであるといえるでしょう。

妊婦の場合には、骨盤内が鬱血してしまうという可能性もありますし、刺激が強いので避けた方が良いといわれています。

妊婦さんの場合には、妊娠中に飲める便秘薬を病院で処方してもらうことで、様子見をすることも一つの方法です。しかし、下剤を自分自身の判断で飲むのは避けておきましょう。

必ず、主治医に妊娠中でも飲んで良い薬なのかどうか確認をすることが必要です。

便秘に効く食べもの

便秘に効く食べ物を取り入れてみることで、便秘解消を促すことが出来るといえるでしょう。

便秘に効く食べ物で、おすすめなのがバナナ、オリーブオイルなどがあります。

バナナは、朝などに食べやすいですし、オリーブオイルは、料理にもよく使うことが出来るので、摂取しやすいので、ぜひ取り入れてみるようにしましょう。

しかし、妊娠中は、つわりの影響で、あまり食べ物を食べることが出来ない…という方も多いです。

その場合には、野菜ジュースや、スムージー、青汁などを取り入れてみましょう。

これらの飲み物は、野菜を効率よく摂取することが出来ますし、便秘の解消にはおすすめです。

また、便秘解消にオススメなのがルイボスティ、ゴボウ茶などのお茶です。これらのお茶にも、便秘に良い成分が豊富に含まれているので、

妊婦の方がぜひ摂取するべきである飲みものです。

乳酸菌の重要性

便秘を解消するために、おすすめなのが乳酸菌やオリゴ糖です。

乳酸菌を摂取することで、腸内に乳酸菌が増え、腸内環境を良くしてくれる働きがあります。

また、腸内環境が良くなることで、免疫力が上がり、妊娠中の風邪などの予防にも繋がります。便秘解消効果もあり、お肌のニキビの原因も解消することが出来ます。

乳酸菌を摂取するには、ヨーグルトなどがおすすめです。

しかし、より効果的に摂取したいのであれば、ヤクルトなどの乳酸菌飲料がおすすめです。

ヤクルトは、生きた乳酸菌が数億個も含まれていますので、毎日飲むことで効果的に腸内環境を良くすることが出来ます。

しかし、妊娠中は、糖分が気になりますので、一日の量を決めて飲むことが必要です。過剰摂取は避けて

-未分類

Copyright© 高齢妊活サプリ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.